早大ラグビー部の3年後輩が見る、当時の五郎丸歩選手

五郎丸歩 早稲田ラグビー

ピックアップ [早稲田ラグビー4年間]小林勝宗は中竹竜二監督にここまで導かれてきた。

今や時の人となった五郎丸歩選手。

いろんな報道が出ています。

マツコ・デラックス「そりゃもう」タイプは五郎丸歩 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

ラグビー日本代表・五郎丸歩 早くも「紅白審査員内定」の声

僕は早大ラグビー部に入部した時、五郎丸さんは4年生でした。

チームの副キャプテンを務められ、みんなが恐れるような存在でした。

そして大学界では圧倒的な強さを見せ、チームとして日本一を納めました。

画像引用:www.tt.em-net.ne.jp/~tori/waseda2007nk.htm

3年後輩が見る五郎丸さん

ブームに便乗して、当時の五郎丸さんのことを書いてみます。
 

最初に断っておきます。

僕は五郎丸さんと一緒に練習したこともほとんどなければ、ゆっくり話したこともありません。

当時、五郎丸さんはもちろん1軍で、僕は5軍にいました。

その後僕は4年生になり、オール早稲田対オール明治に出場することが出来ました。

五郎丸さんもこの試合に参加されたので、一緒に出場することが出来ました。

20100403 全早慶_464

五郎丸さんは武勇伝あふれる方です。

僕よりも近くにいた人たちの方が、もっとすごい話は持っていることでしょう。

ここでは、僕が経験した五郎丸さんのことを書くことにします。

怒られないことを祈りますが、怒られたら全力で謝ることにしますm(_ _)m

入部希望者挨拶で一言

2007年4月、僕は早大ラグビー部の門を叩きました。

入部者を30名に絞る新人練習が始まる前に、部の代表者から挨拶がありました。

キャプテンの権丈さん(現NEC)が挨拶するかと思っていました。

しかし時間になりみんなの前に現れたのは、五郎丸さんでした。
 

当時の五郎丸さんと言えば1年生からレギュラーを獲得していたスタープレイヤーです。

2年生の時には、社会人チームのトヨタ自動車に歴史的勝利を納めた、伝説の佐々木組のフルバックでした。

高校2年生だった僕はこの試合を秩父宮で生で観戦し、感動し涙を流して勝利を称えました。

五郎丸さんが現れ、会議室に緊張感が走りました。

そして、五郎丸さんは言いました。

ワセダは日本一を目指しているから。

やる気のないやつは帰っていいから。

以上。

これくらいしか言いませんでした。

これが日本一を何度も経験してきたラグビー部か、と肝に命じました。
 

僕はといえば新人練習の期間、先輩に恐れ過ぎていました。

“寝すぎて練習に遅刻してしまった”という悪夢を何度も見るくらいになりました。

そこでは決まって五郎丸さんや畠山さん(副キャプテン、現サントリー、日本代表)に怒られるのでした。

その結果、僕は体調を崩し、入部後少し練習を休むことになりました。

※ 畠山さんは同じポジションの先輩で、とてもよくしてもらった素敵な先輩でした。

脳内メーカー

そんな五郎丸さんだったので、1年生は皆恐れていました。

当時、巷では“脳内メーカー”が流行っていました。

人の名前を検索すると、その人の脳内を文字で表してくれるというものです。
 

ふと同期の誰かが“五郎丸歩“で検索してみました。

脳内メーカーをやったことがある人はわかると思いますが、なかなか一文字で統一されることはありません。

しかし五郎丸さんの場合それが実現してしまったのです・・・
 
 
 

スクリーンショット 2015-10-19 20.16.11

全部「悪」でした(笑)

信用性のないただのアプリの話です。

でも1年生からは「確かに・・・」という声は上がっていたと思います。。。

激しすぎるブレイクダウン練習

五郎丸さんは練習にいつも真剣に取り組まれていました。

当時から練習後にはずっとプレースキックの練習をされていました。

僕は軍が下過ぎて五郎丸さんと一緒に練習することはありませんでしたが、練習風景を見る機会はありました。

ラグビーの生命線であるブレイクダウン(※)の練習の時にはそれはそれは恐ろしいものでした。

※ ブレイクダウン:接点、タックルやラックのシチュエーション

ボールをクリーンアウトするために、ものすごい身体の張り方をされていました。

見る者によってはラフプレーにとってもおかしくないでしょう。

ただ絶対的エースにもの申せる人は、当時監督ですらいなかったように思います。
 

ちなみにその時の監督の書籍はコチラです。

中竹 竜二 講談社 2008-02-26
売り上げランキング : 250561

by ヨメレバ

“監督に期待するな”

日本一オーラのない監督と自分でもおっしゃっていましたねw

※ 中竹監督は今でも大変尊敬する、とても素晴らしい監督です。

□参考記事:中竹竜二元監督との現在に至るまでの話。僕は監督にここまで導かれてきた。

ラグビー部伝統のバック持ち

歴史深きラグビー部には様々な伝統があります。

その一つに“バック持ち”というものがあります。

1軍の選手が集中力を高めて試合に臨めるように、試合前アップのタックルバックを持つということです。

しかも持つのはケガをしてもいいようなどうでもいい1年生です。

日本一集団とどうでもいい1年生・・・

僕は“どうでもいい1年生筆頭”だったため、同期で一番多くバック持ちを引き受けることになりました。
 

最後の1対1のタックルの時には選手は尋常じゃないくらいに気合が入ります。

「殺せっ!」と掛け声が出るほど全力でタックルされます。

リザーブ含め22人選手がいますが、タックルの強さの当たり外れがあります。

五郎丸さんはもちろん1番の大当たりです。

もう巡りあってしまったら死を覚悟するしかありません。

その時の画像がコチラです。

IMG_0119

僕の足が地面から浮いてしまっています。

IMG_0118 IMG_0117

とんでもないくらいにぶっ飛ばされていました。

しかも1人4回連続だから、倒されてもすぐに立ち上がってまたぶっ飛ばされにいくんですよね。

あの時は本当に死にそうな思いだったなぁ・・・

盗撮対策に“落とし穴”

最後に小話を少々。

ラグビー部にはグラウンドに隣接する専門寮があります。

1軍に関わるような選手が生活するところです。

僕はそこに少しの期間いたのですが、風呂場にまつわる一つのおかしな話がありました。

それは夜に風呂に入っていると外に赤い点滅が確認できるということです。

そうです、“盗撮”されているということです。
 

僕が寮生活をするはるか前からそのことには悩まされていたそうです。

人づてに聞いたのですが、五郎丸さんは盗撮犯を捕まえるために“落とし穴”を作られたそうです。

普段ものすごく怖かった五郎丸さんがスコップを持って、穴を掘ったのでしょうか。

ただその落とし穴はあまりにも浅かったため、犯人を捉えることはありませんでした。

ちょっとお茶目な一面もあるのかもしれません・・・w
 

僕が入寮した少し後、また赤いランプが点滅することがありました。

その時は山中(現神戸製鋼)と副務が建物の裏に回り込んで追い込もうと試みました。

「いたぞー!」

そんな叫び声とともに副務がタックルを仕掛けました。

しかし(夜で暗かったためか)タックルを外しました。(普段練習しているのにw)

しかし2段目に待ち構えていた人によって捉えられ、身柄が拘束されました。
 

警察を呼ぶとおびただしい数のパトカーが来ました。

行動に移した山中や副務は朝の4:00くらいまで事情聴取を受け、その日は眠れなかったそうです。

どうやら撮影されたビデオは、そういうものが好きな人達の間で売買されていたそうです。

撮影者は警察車両が来る間、チームの120kgの先輩にのしかかれた状態で地面に突っ伏していました。

もしかしたらその人にとっては、その“のしかかれている状態”が1番幸せではなかったのか、とみんなで話しましたw
 

その後男子だけの寮ですが、風呂場には“覗き防止の壁“が作られましたw

本、出してます!

なんだか五郎丸さんの話からかけ離れてしまいました(*_*;

当時の五郎丸さんの姿からは“プロフェッショナル”さを学ばせて頂きました。

練習の姿、チームに対する姿勢、怖かったですがとてもカッコ良かったです。

あの練習する姿勢があったから、今回のワールドカップの大活躍にもつながったのでしょう。

かっこ良すぎますし、心から尊敬します。
 

五郎丸さん、本を出版されています。

五郎丸 歩 実業之日本社 2014-11-28
売り上げランキング : 162

by ヨメレバ

まだ読んでいないから、買って読んでサインもらいに行こうかな。

そしてその時にこの記事について言われたら、謝ることにしよう・・・_| ̄|◯

五郎丸関連商品

五郎丸歩 早稲田ラグビー

ラガーマンにこの思いを伝えよう!


  もっと楽しく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田ラグビー出身ブロガー。大学時代のあだ名はサンチョス、現在はカルロス。ブログ「カルロス天才.com」を運営し、様々なイベントを立ち上げ、全国各地、たまに世界を放浪している。ラグビーに関することが仕事になればこの上なく幸せである。仕事の依頼はg.sanchoz@gmail.comまでお願いします。