中米パナマから“ラグビー教室”の依頼がキターッ!!!

ワセダクラブ

ピックアップ [早稲田ラグビー4年間]小林勝宗は中竹竜二監督にここまで導かれてきた。

いや、ビビリましたよ。

朝起きて、メール見て、一気にテンション上がりましたね。

以下には頂いたメールを全文引用します。

【質問】ラグビー教室、海外での開催はありですか?

はじめましてカルロスさん。

いつも勝手にブログを読ませて頂いております。

私は、現在中米のパナマ共和国に駐在している◯◯と申します。

日系企業の駐在員として働いています。36歳です。

仕事の合間を縫って、現地のクラブチームでラグビーをしています。(一応現役です)
 

パナマのラグビーは歴史が非常に浅く、2010年に協会が発足しました。

国代表チームもありますが、IRB(現WR)にも加盟できておらず、ラグビー超発展途上国です。

国代表チームがあると書きましたが、もちろんメンバー全員アマチュアです。

年1回の中米カップで中米No.1を決める大会に参加するのみです。

中米では、北からグアテマラ、エルサルバドル、コスタリカ、パナマの4か国だけがラグビー協会を持っております。

(中米は全部で6か国あります。4か国ともIRB未加盟です)
 

そんな状況下で、もちろんですがパナマのラグビーレベルは相当低く、ちょっと頑張れば本当に国代表になれそうです。

当方は、高校・大学・社会人と下手くそではありましたが、曲がりなりにもラグビーをやってきました。
 

パナマに限らずですが、中米の人間の特性は基本ルーズです。

(時間守らない、すぐボッタくろうとする、不利な状況は逃げる)

なので、ラグビーにもそれが顕著に表れております。

まずルールを覚えられない(そもそも覚える気がない)、身体を張れない、すぐにズルをする、といった有様です。

練習もめちゃくちゃ。

これ、何を目的とした練習なの??と首をかしげたくなるもの満載です。
 

まぁ、そんな糞みたいな状況下で、

本当にどうしようもない人間たちに

ラグビー教室を開いて頂けないでしょうか?
 

興味があったら連絡ください。

あの公人巡りが実現するのであれば、ちょっと可能性あるかなと思い、連絡させて頂いた次第です。

交通費はさすがに出せませんが、来て頂けるのであれば宿と食事くらいはこちらで提供します。
 

P.S 個人的には早稲田ラグビーの大ファンということもあり、カルロスさんと純粋なラグビー談議をしたいという気持ちもあります。

また、当方は現地クラブチームで「カカロット」と呼ばれております。(36歳でカカロットかよ・・・・)

なので、そのように呼んで頂ければ幸甚です。
 

お返事お待ちしております。

カカロット

クリリンのことかーっ!!!!

クリリンのことか ドラゴンボール

(ってか赤文字、デカすぎじゃない?

 メールでこんなデカい赤文字初めて見たよw)

交通費を頂けるなら、それはもう、飛んで行ってましたよね!w

ということで、公人巡りにも一つの目的が増えたぞーー!!

超楽しみだーッ!!!!
 

( ´ – ` ;).。oO(って、そんなパナマ人を僕がうまく指導できるのかな・・・)

ワセダクラブ

ラガーマンにこの思いを伝えよう!


  もっと楽しく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田ラグビー出身ブロガー。大学時代のあだ名はサンチョス、現在はカルロス。ブログ「カルロス天才.com」を運営し、様々なイベントを立ち上げ、全国各地、たまに世界を放浪している。ラグビーに関することが仕事になればこの上なく幸せである。仕事の依頼はg.sanchoz@gmail.comまでお願いします。