【RTP】カカロット「パナマへの旅費、半分出しますよ」

road to panama

ピックアップ [早稲田ラグビー4年間]小林勝宗は中竹竜二監督にここまで導かれてきた。

以前からやりとりを継続させていただいている、カカロットさん@パナマの最新情報です。
 

現状、僕は今年の6月あたりから長期に旅に出ようかと検討しています。 ➡︎ カルロス天才.com

要するに記事の内容をまとめるとこんなプランです。
 

1. 縁があったパナマでラグビーを現地人に教える、一緒にプレイする

2. スペイン語しか通じない危険地帯・中米を陸路で縦断し、カナダまで旅する

3. 世界一のゲレンデとして知られるカナダのウィスラーで冬を越す
 

もう受け入れ側のカカロットさんがよろしければチケットを取ってしまい、自分を追い込んでしまおうかと考え、メッセージを送りました。

するとしっかりと返信を頂きました。

結論:3月まで判断を仰ぐ

結論としては

「3月くらいまでお待ち頂かないと当方の人事が見えてこない」

ということでした。
 

待ちますとも!

実行に移すとしても6-7月頃になるので何も問題ありません!
 

最後には相変わらずのカカロット節が炸裂していました。

P.S.

先週、年初めの練習に参加して、タックル逆ヘッドでいきなり首を痛めました(;O;)。
翌朝、まったく首が回らない状態かつ熱も出て、急遽病院へ直行。
 

状況話して、レントゲンとって、ガマガエル似の看護婦に「はい、じゃあケツに注射するのでズボンとパンツ脱いで」と驚愕の指示を受け、恥ずかしながら37歳にして病院で下半身を晒し、ケツに(何の薬かよくわからないけど、たぶん点滴的なもの)注射3本されました(結構・・・ていうか、かなり痛い)。
が、およそ3時間後には完全に回復・・・・
 

しかしながら、頭がグルグルしてなんとなく気分がよいというかトリップ感のある感じとなりました。

一体何を注射されたのか・・・・

本当にこの国糞だなと、ますますキライになりました(ケガが復調したのは良いのだけど・・・)。

たぶん、日本では未認可の怪しい薬を注射されたのだと思います。

そんなこんなで年明けから散々です。。。。。

カカロット@パナマ

この人、近い人に毒を吐いて自虐するっていうスタイルを確立しているなwww

Skype通話を決行!

そしてパナマでラグビーを実行に移すべく、一度Skype通話でやりとりをしました。

コロンビアに出張中だったということで、時差14時間。

いやぁ、ボーダレスな世界ですね〜。
 

カカロットさんは文面通りのめちゃくちゃ面白い方でした。

会話の中でもカカロット節が随所に入り込んでいましたしねw。
 

僕が脱落ししてしまったようなエリート街道を、見事に歩いているエリートサラリーマン戦士でした。(カッコイイ↑↑)

現在は毎日の筋トレを欠かさず、1日2食、腹筋はシックスパックだそうです。(ヒィーーーーッ!)
 

文面にも書いていらっしゃいますが、僕のことを本当に評価してくださっています。

買いかぶり過ぎなんじゃないかとも思いますし、僕大学プロップだから、今BKに走られたらタックル出来ないですよね・・・

パナマ行っても本当に大丈夫なのかな。。。汗

カカロット「パナマへの旅費、半分出しますよ」

本当に僕のブログをよく読んでくださっていらっしゃって、涙を流したのも何度もあるそうでした。

いやぁ、嬉しいですね。

ありがとうございます。
 

そんな僕が「世界を見たい!」と言っているものだから、それに少しでも貢献したい。

だから旅費を半分出すことも検討している。

なんて言ってくださいました。。。
 

いやいやいやいやいや!!w

まじですか?!
 

(これで僕のラグビーの技術が期待はずれだったら、大変ですよね・・・)

(でもスクラムが組めない僕なんてそんなに価値ないですけどね・・・)

(大丈夫かな、、、逆に心配になってきた・・・)
 

海外ラグビー教室なるか?!

人事の関係で南米に赴任が変わるかもしれないそうです。

それでも僕は万々歳ですけどね!

(そしたらさすがにカナダまでの陸路縦断は難しそうだ・・・)
 

いやぁブログが縁でこんな素敵な縁に恵まれました!

生きてるだけで素晴らしいことにめぐり合えますね!

ひとまず、着実にこのプロジェクトを進めていこうと思っています!

今後の自分に期待ッ\(^o^)/

road to panama

ラガーマンにこの思いを伝えよう!


  もっと楽しく!

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田ラグビー出身ブロガー。大学時代のあだ名はサンチョス、現在はカルロス。ブログ「カルロス天才.com」を運営し、様々なイベントを立ち上げ、全国各地、たまに世界を放浪している。ラグビーに関することが仕事になればこの上なく幸せである。仕事の依頼はg.sanchoz@gmail.comまでお願いします。