【初心者必見】おすすめのラグビーボールを、日本一のラグビー部にいた僕が丁寧に説明するよ!

おすすめ ラグビーボール

ピックアップ [早稲田ラグビー4年間]小林勝宗は中竹竜二監督にここまで導かれてきた。

どうも、大学は早稲田で4年間ラグビーに取り組んだカルロスです。

大学入学時の副将は五郎丸さんで、大学1、2年は日本一となりました。

(1年生の時の僕は5軍でしたが・・・)

小林勝宗 サンチョス ラグビー 早稲田

→ 4年時、2・3軍で奮闘するカルロス
 

高校からラグビーを始め、高校時代は7番・FL(フランカー)、大学時代は1番・PR(プロップ)として、7年間の現役生活を全うしました。

大学で勝負するにあたって25kgの増量をし、100kgでグラウンドを走り回っていました。

現在はおかげさまで75kgに無事戻りました、めでたし。
 

そんなトップレベルのフィールドで闘い続けた僕が、ラグビーボールのおすすめをランキング形式で紹介します!

高校生、一般で公式球が異なりますので、分けて選出しました。

一般編

1位 GILBERT トリプルクラウン

ギルバートを買っておけば全く問題なしです。

「トリプルクラウン」(この色のギルバートボール)が基本的に全ての試合の公式球となります。
 

一応説明しますと、ギルバートは創業1823年の世界のトップブランドです。

1995年から2015年までの6大会連続で、ラグビーワールドカップのオフィシャルボールに採用された実績を誇ります。
 

完全に余談ですが、僕が高校ラグビー部に入部することを決意した時、元ラガーマンの親父はこのボールを僕に授けてくれました。

新品のボールを買ってくれたのがとても嬉しく、当時は常にラグビーボールを手に持って通学していたものでした。

懐かしい。。。

2位 GILBERT

同じくギルバートを買っておけば問題なしなのです。

「トリプルクラウンの劣化版」と表現してもいいかもしれません。

でも全く問題なく、形状もほとんど変わりありません。

(少し軽い印象がありました。耐久性にでも問題があるのでしょうか・・・?)

練習球として使う場合にはこちらの方が価格がお手頃ですし良いかもしれませんね!

高校生編

1位 SCEPTRE SP13A

高校生はセプターです。

このモデル(この色のセプター)が公式球となります。
 

セプターはギルバートに比べるとより丸っこく、角が尖っている形状をしています。

SH(スクラムハーフ)やSO(スタンドオフ)、HO(フッカー)は正確なボールさばきを特に要求されるポジションです。

なので、ボールの変化によるタッチにはとても敏感になります。

一般だとギルバートが標準だからといってギルバートで練習するのではなく、高校生はセプターでしっかりと練習することをおすすめします!

2位 SCEPTRE SP14A

高校生はセプターが公式球なので、セプターであれば問題ありません。

SP13Aのでも問題ありませんし、SP14Aでも基本的には大丈夫です。
 

これは印象値で申し訳ないのですが、僕が高校時代(2005-2007)はSP13Aを試合球として使っていました。

SP13Aを買う方が無難ですが、SP14Aでも問題といったところです。

他にも黄色いセプターボールがあったりしますが、僕が経験上多く見たのは上記2つのセプターボールでした!

その他のボール

カンタベリー

カンタベリーはラグビー業界の大手メーカーです。

ジャージやヘッドキャップなどには定評がありますが、ボールはあまり使われていません。

クラブチームで契約しているところがカンタベリーのボールを使っている印象がありますが、公式戦では使えません。

無難にギルバート、セプターを使うことをおすすめします。

コンバート

コンバートもラグビー業界のメーカーです。

ジャージやスパイクなども多数取り揃えていて、全体的に安い印象があります。

ただボールに関してはこれも公式球ではありません。

チームで契約していれば全員使っていますが、僕の経験上あまり見受けられませんでした。

ということで使用している選手も物好きな人しかいない印象です。

というよりも

「あそこにコンバートのボールがある!」

と驚きの方が先行したかもしれませんね。

(これはあくまでも僕の個人的な感想です)

アディダス

早稲田は当時アディダスと契約していたため、アディダスのジャージ・スパイクなどを使用していました。

ただボールに関してだけは公式球のギルバートを使用していました。
 

一方、週末の早稲田のグラウンドで行われる、NPO法人ワセダクラブのラグビースクールではアディダス球が使用されていました。

サンチョス ラグビー

(当時の僕の写真です。)

ワセクラ

(現在の写真です。身長は超えられました。)

シルバーファーン

シルバーファーンは日本にあまり流通していない海外メーカーです。

こういう海外製のボールを平気で持っていれば、普通じゃない感は一段と増します。

「こいつ、オーストラリアに行ったのか?」

「現地でワールドカップ見てきたのか??」

そんな具合です。

こういう系のメーカーで言えばKOOGAとかもあります。

「海外からラグビー学んでいる俺は本物」感を演出したければぜひご使用ください!

モルテン

これは完全に間違いです。

表記の通り、アメフト用のボールです。
 

ただアメフトボールに詳しくはありませんが、このモルテンボールはラグビーボールに形状がとても似ていました。

僕が広島の離島・大崎上島で小学生向けにラグビー教室を開催した時には、このボールを使用しました。

カルロス ラグビー教室

公立学校にはこのボールがあるところは多いかもしれません。

これを使用してラグビーを体験させるのは大いにアリだと思います。

必要備品

最後にボールを使用する上での必要備品を書き連ねます。

空気入れ

空気入れの購入は確実にお忘れずに!

空気はすぐに抜けますし、持ち運ぶ際には空気を抜いた状態の方が便利です。
 

ピン状の空気入れもあります。

ただその場合、ピンがすぐに壊れる消耗品です。

ピンがなくなると空気が入れられなくなるので、ピンもあわせて購入することをおすすめします!

自動の優れものもありますよ!

キックティー

ラグビーといえばゴールキック!

初心者でキックの練習をしたいならキックティーも必要でしょう!

僕もラグビー始めたばかりの時は買いましたが、その後キックには縁のないポジションになりました。。。

最後に

僕もラグビーによって人格が形成された人間です。

ラグビーになんとか恩返しがしたいと考えています。

2019年ラグビーワールドカップ日本開催が一段と盛り上がるように、微力ではありますが個人としても活動していきます!

小林勝宗 サンチョス ラグビー 早稲田
おすすめ ラグビーボール

ラガーマンにこの思いを伝えよう!


  もっと楽しく!

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田ラグビー出身ブロガー。大学時代のあだ名はサンチョス、現在はカルロス。ブログ「カルロス天才.com」を運営し、様々なイベントを立ち上げ、全国各地、たまに世界を放浪している。ラグビーに関することが仕事になればこの上なく幸せである。仕事の依頼はg.sanchoz@gmail.comまでお願いします。